barre barre
EnglishJapaneseFranais

ホームページ
野生ブドウの木の賃貸
Terres de Venus「ヴィーナスの土地」
「ヴィーナスの土地」の冒険
ブドウ酒と前史時代
ブラセンプイBrassempouy
野生のブドウ
栽培経過をたどる
ビオディナミ農法
地理的位置
お礼
コンタクト
Terres de Venus
ビオディナミ農法

 植物の多くの種で、その多様性がいま危機に瀕しています。野生のブドウもその一つです。汚染、伐採、化学薬品の過剰な使用が原因ですが、同時に私たちの地球の老化や、植物の種がどんどん退化していることもその原因です。そして多くの植物が栽培されていることもまた、自然な資源の衰退というこの現象に拍車をかけています。

 

 1922年、オーストリアのルドルフ・シュタイナー (ウィーンの理工科大学校教授)は、植物とその環境との関係について論じています。環境とは、地球はもちろんのこと、宇宙や月も関係します。彼は、やせた地味を蘇らせるには、新たな力を導入する必要を強調しました。彼は太陽と月がつくりだすリズムという考えを発展させ、生きとし生けるものへのそれらの影響を明らかにしました。・・・

 

続きはメンバー専用です。